メディア記事

中国調達「下げる」5割、代替先9割日本 製造業100社に聞く

バズる指数ピーク 903

 twitterコメント 167件中 1~100件
■読んだ■日本の産業で可逆的に内製化が進んでいるのはなんとも皮肉だけど、再び日本を盛り上げるには必要な流れのようにも思う。よい方向に進みますように。|
中国調達「下げる」5割、代替先9割日本 100社に聞く
いい流れだけど、日本はすでに人手不足で稼働率をなかなかあげられない問題が。。。
一方でこういう背景がある。果たして、この前提を物価高が続く日本の勤労者・生活者は素直に受け止めていいのだろうか正直悩んでしまう。

>賃金の上昇が緩やかなことから海外生産よりも相対的に国内生産の方がコストが抑えられるとみているようだ。
給料は上昇しないけど求人だけ多い原因みたいです。
これを機に国内雇用が活性化するといいのだが。
外国人実習生の乱用とかは駄目すよ。
これだと工業型社会から日本は抜け出せなさそうだね。
大国同士が不仲になるのは悲しいことですが、国際政治情勢などの動きによって、こういう企業行動も出ているようです。
なんにせよ、企業がどの国に製造拠点をつくるかは、複合的な要因がありそうですね。

中国調達「下げる」5割、代替先9割日本 100社に聞く
ゼロコロナや台湾有事懸念から「中国から部品などを調達するうえで半年前に比べてリスクが高まったと考える日本の主要製造業は78%に」。雇用も回復するし結果的には良い方向になるか。/
中国調達「下げる」5割、代替先9割日本 100社に聞く
中国リスクの顕在化と、世界の工場としての中国の終わり。

>中国調達「下げる」5割、代替先9割日本 100社に聞く

日本経済新聞
このコロナ騒動でよく分かったと思うけど、日本政府はこうした企業をサポートしなければいけないよね。
外国依存の体質を改善する絶好のチャンスなんだから、岸田政権は少しでも努力しろよ。
悪い円安?たしかに目先はそうやろう。なぜなら構造が変わらないといけないから。しかし今の円安水準で対応できるようになればそれは日本にとってはプラスになるのではないか?
まあそうなるよね。
世界の工場としての中国は終わった。ESGの観点から投資不適格とするファンドは増え、台湾有事やゼロコロナなど政策に対するリスクも激増。環境の変化を理解せずに中国にこだわり続ける企業や投資家は大火傷する。

円安も進む日本は製造業復活の大チャンス!
・米中対立の激化などを受け、企業が部品などの調達で中国に頼らないサプライチェーンの構築を急ぐ
・5割の企業が中国比率を下げると回答。代替先として9割が日本を挙げた
私が所長を務める地経学研究所でも経済安保に関する100社アンケートを行っているが、おそらく経済安全保障の概念がより浸透した今年のアンケートでは、数字は変わってくるものと思われる。
(日経Think!にも少し長い書き込みを投稿しました)
これ前々から言ってることだけど、日本は緊縮政策で経済成長しないという単眼思考は改めたほうがいいよ。マクロの経済指標で隠される貧困と格差こそが問題。
日本強くなる=日本の住みやすさには直結しないかも…。
中国調達「下げる」5割、代替先9割日本 100社に聞く
自由主義陣営のサプライチェーンの要となるのは、日本以外にはあり得ない

ソフトからハードへ覇権が戻る潮流の中で、私たちがどう考えるかが、問われていると思うのです

中国調達「下げる」5割、代替先9割日本 100社に聞く
中国調達「下げる」5割、代替先9割日本 100社に聞く:どうぞこの流れが永く続くことを
主要製造業100社への調査で代替先として9割が日本を挙げた。台湾有事や「ゼロコロナ」政策で中国リスクが高まっている。供給網の機能不全を回避するため、企業が備えを本格化しつつある。
方向性としては日本は景気は良くなるんだが、果たしてどう変化していくか
トータルコストは日本の方が低い。トータルコストの概念を「コロナ後の世界経済」で紹介しました。
Japanese decoupling from China: Nikkei survey of 100 large 🇯🇵 manufacturers👉50% reducing procurement from 🇨🇳, 90% looking to source in 🇯🇵, 80% cite Taiwan contingency concerns as reason.

中国調達「下げる」5割、代替先9割日本 100社に聞く
や「 」政策で が高まっている。 の を回避するため、企業が備えを本格化
【中国リスク】中国調達「下げる」5割、代替先9割日本 100社に聞く(日本経済新聞電子版 12/1配信)
日本の給与水準上がったらまた出ていかれそうにゃけど…はてさて
中国調達「下げる」5割、代替先9割日本 100社に聞く



日本経済新聞の主要製造業100社への調査で、5割の企業が中国比率を下げると回答した。代替先として9割が日本を挙げた。
グローバル化の前提が崩れたからね。何はともあれ国産への回帰は良いことではある。
中国の代替先として東南アジア等ではなく日本を選ぶ理由は、「円安に加え、賃金の上昇が緩やかなことから海外生産よりも相対的に国内生産の方がコストを抑えられる」からなのだそう…。
「日本の中小企業の追い風にとしての期待あり!」
そもそも誤って中国進出を決めたミスを転換する時だ、一党独裁の左派政権は、「信用できない」と言うこと。日本回帰と他の自由主義国家の受注で採算は合う。そのために原発再稼働を
中国調達「下げる」5割、代替先9割日本 100社に聞く

物資、人財両面の人質リスク考えると
当然の流れです
政府の力が強すぎて振り回されるのは安定供給に繋がらないからね。かといって国内に戻しますといっても廃業していたり別の得意先を確保済みだったりで容易ではないと思う。
良い傾向ですね。
直接取引している一次サプライヤーさんの所在は分かりますが、その先の調達先はどこから仕入れてるか教えてくれない取引先もあるので、表面的には中国を外してもどこまでリスク回避になってるか分かりづらい。結構システミックなリスクだと思います。
中国離れが加速
中国調達がどうとかよりも、日本の搾取レベルが上がってしまっていることが問題。なんで時給安いままなんだろう。
競争力は維持できるか。コストだけでなく品質でも。

中国調達「下げる」5割、代替先9割日本 100社に聞く
中国調達「下げる」5割、代替先9割日本 100社に聞く
内需に戻るのは良いけど、下請け企業があるのか心配だ。

中国調達「下げる」5割、代替先9割日本 100社に聞く
日本の大手企業の5割が中国からの調達を「下げる」との結果が出たとのアンケートです。中国のゼロコロナ政策に伴うサプライチェーンの機能不全は目の前の課題ですし、当然の結果かと思います。
中国からの依存度を下げていくのは正解。
中国調達「下げる」5割、代替先9割日本 100社に聞く
まだまだ足りないが、良い流れだ。準備を整え、切る時に備えて欲しい。
「バスに乗り遅れるな」改め、「バスから降りそびれるな」。
ええこっちゃ。
まぁ、製造には人手はそれほどかからないから日本でもできるか〜。

でも、これを機に次へ発展させてくのが下手なのが日本なんだよねぇ。
中国調達「下げる」5割、代替先9割日本 100社に聞く
フェローテック😭😭😭😭😭…
チャイナリスクはさらに高まり、この動きは加速していく。国内回帰は2年前から始まっている。今こそ、製造現場の生産性向上に投資すべきタイミングではないか?
国内調達を上げてくれるのかな。現場で働く人がいないけど。。
国内の製造業、中国調達避け日本調達に。
そらそうなるわ

中国調達「下げる」5割、代替先9割日本 100社に聞く
陽はまた昇る(昇れ)('ω')ノ
>中国に替わる新たな調達先では86%(複数回答)の企業が日本を挙げた。
「平時は中国での事業を伸ばしながら、中国とそれ以外の地域で供給網を分けて整備し、有事に備える動きが鮮明になりつつある。」

/中国調達「下げる」5割、代替先9割日本 100社に聞く
そらそうよ。はっきり言うてアレ(第2の天安門事件や台湾侵攻)がいつ起きてもおかしくないからな。おーん。
中国に替わる新たな調達先では86%(複数回答)の企業が日本を挙げた。タイ(76%)などの東南アジアを上回る。円安に加え、賃金の上昇が緩やかなことから海外生産よりも相対的に国内生産の方がコストが抑えられるとみているようだ。
結局コレって・・インフレになるんじゃないかな?
円安バンザイだな。

日本の安定した生産技術に円安であれば他国の選択はないと思うが。日本産業復活は今が勝負。

中国調達「下げる」5割、代替先9割日本 100社に聞く
中国調達「下げる」5割、代替先9割日本 100社に聞く
そもそもこうなる事わかってるのに無駄な投資ばかりしてきた20年ってところか?
獅子は眠らせておくべきだったのに
今度は豚さんじゃないよきっと
中国調達「下げる」5割、代替先9割日本 100社に聞く

中国より人件費が安く
中国が無理になった場合のおこぼれ

なんでしょうけどチャンスはチャンス
しっかりサービスを固めていってほしいですね
ようやく…
中国調達「下げる」5割、代替先9割日本 100社に聞く
→現在の円安前提の「代替先9割日本」だとしたら間違い。
中国調達「下げる」5割、代替先9割日本 100社に聞く

遅すぎたな!
トレンドどう動くんかな?
中国調達「下げる」5割、代替先9割日本 100社に聞く
サプライチェーンを固定化することのリスクを皆が考え始めているということなのでしょうか。
日本での生産も含め、リスク回避型のサプライチェーンがこれからは求められる気がします。
>中国に替わる新たな調達先では86%(複数回答)の企業が日本を挙げた。タイ(76%)などの東南アジアを上回る。円安に加え、賃金の上昇が緩やかなことから海外生産よりも相対的に国内生産の方がコストが抑えられるとみているようだ。
(´・ω・`)
中国調達「下げる」5割、代替先9割日本 100社に聞く
中国に替わる新たな調達先では86%(複数回答)の企業が日本を挙げた。タイ(76%)などの東南アジアを上回る。円安に加え、賃金の上昇が緩やかなことから海外生産よりも相対的に国内生産の方がコストが抑えられるとみているようだ。
今回の円安を期に精査したら、120円ごろから日本で作った方が安いアイテムが結構あった。常に最適生産地を自動で算出できればいいんだけど、なかなか難しい。この記事を見て、同じような精査をする会社多いんじゃないかな。
「中国調達「下げる」5割、代替先9割日本、日本の製造業100社」 「理由として「台湾有事」が80%で最多。ゼロコロナ政策への懸念も67%の企業が挙げた」
製造業100社に聞く
中国調達「下げる」5割、代替先9割日本 100社に聞く
このチャンスを逃したくないですね。まだまだ、日本は優れている証!
世界生産における中国からの調達比率を下げるとした企業は53%
中国への依存度が8割超の部品などがあると答えた企業は38%(自動車の内装部品や食品原料のクエン酸など)
国内回帰がすすむ。
原点回帰が進めば日本の未来は好転するか?
30年後の人口半減確定にどう対応?
モノタロウ、ミスミ、トラスコ中山などには追い風ですね〜
中国調達「下げる」5割、代替先9割日本 100社に聞く
主要製造業100社への調査で、5割の企業が中国比率を下げると回答した。代替先として9割が日本を挙げた。台湾有事や「ゼロコロナ」政策で中国リスクが高まっている
中国調達「下げる」5割、代替先9割日本 100社に聞く


タイ、ベトナムかー。
中国調達「下げる」5割、代替先9割日本 100社に聞く
ここで聞いてるのって日本の会社でしょ?
1本足打法はええんか?
これは大正解でしょ。通関でわざと納期を遅らせる国は信用できないよ

中国調達「下げる」5割、代替先9割日本 100社に聞く
あちら側にどんなにリスクがあっても円高すぎれば国内回帰しようがないところ。
日本の信用🙆‍♀️まだ5割か…頑張って日本企業、中国に寄っても良い事無し。
日本復活の狼煙?
中国調達「下げる」5割、代替先9割日本 100社に聞く
中国調達「下げる」5割、代替先9割日本 (100社に聞く)

やっと気づいたのか。もう時すでに遅しといった企業もあるだろうな。
本日、日経新聞に、中国調達を下げ、日本、ベトナム、タイなどへ代替先を移すという記事が出ていた。中国投資をする際に、中国の元で投資はしてはいけない。もし、台湾有事が仮に起こった場合、元の通貨は下がる可能性が高いからだ。
中国に替わる新たな調達先では86%(複数回答)の企業が日本を挙げた。タイ(76%)などの東南アジアを上回る。円安に加え、賃金の上昇が緩やかなことから海外生産よりも相対的に国内生産の方がコストが抑えられるとみているようだ。
TPP域内や自由貿易協定を締結している国・地域との貿易について、以前と異なり外交問題になるリスクも少ないですからね。為替変動リスクはあるけど。残るは収益性。
まぁ今まで入れなかったところに入るチャンスではあるのかもね。
中国から日本に生産拠点を戻すか。
これは為替じゃないな。

中国調達「下げる」5割、代替先9割日本 100社に聞く
中国調達「下げる」5割、代替先9割日本 100社に聞く 『日米欧は半導体などの重要物資で中国への依存を下げることを急いでいる』経済的繋がりが有事を抑止する…って考えが通用しないと知った今は代替え地を探すしかないよな。有事の確率も嘗てない水準だし…
キンペー依存度を企業情報に掲載を義務付け一般人にも分かるようにすべきである。
もう円高になることあらへんしな。向こうでウィチャットでコロナなんたらかんたらつぶやいたら公安に何されるかわからんし。安全コストは低いで〜

中国調達「下げる」5割、代替先9割日本 100社に聞く
タイトルとURLをコピーしました